読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面接が君の住む街の近くであって、楽しい想像をした

昔好きだった女の子が住むはずの街の近くで、面接があった。ここに入社したら365日とは言わないまでも、年間200日くらい通うことになるだろう。5年勤めたら1000日くらい、この駅を使う。1000日もあったら1日くらいは、彼女とすれ違うのではないか。 彼女は赤…

しまいには退屈しきって僕たちは、なんだかたき火ばかりしていた

いっくんが学校に来なくなった理由はよくわからなかった。 野球部ではエースだったし、切れ長の目をしたちょっと悪そうな容姿で女の子にモテた。喧嘩っ早くて、強くて、だけどいつも面白いイタズラを考えるから、周囲には笑いが絶えない。 ちょっとガラの悪…

恋をする。一人称を変えてみる。成長痛でねれない夜に。

「僕」「俺」「私」という三つの一人称を使い分けている。一番使い古しているのは「僕」で、小学校の5年生くらいまで「僕」を使っていた。 田舎だったから(?)なのか、周りの友人達はみんな「おれ」(アクセントが頭にくる、どちらかというと「おら」に近…

Twitter、君がみているだろうから俺に会いたくなること書くよ

友人が、フラれた元彼女に向けたメッセージをTwitterに書いていて、なんでそんなことするんだと引き気味に驚いた後で、しかし自分にも身に覚えがあるぞ、と思い直す。 昔、彼氏のいる、3つ年下大学の後輩を好きだった頃のことだ。 自分としては大恋愛という…

ゴイステをあの娘におくる真夜中のMSNメッセンジャーで

高校生の頃、会ったことのない女の子と夜な夜なお喋りをしていた。 当時はテキストサイト全盛期で、個人サイトの掲示板でのやりとり、みたいなことが結構あった。テキストサイトにはだいたいプロフィールがあるのだけど、そこではしばしば「前略プロフィール…

心が弱った時に聴くtheピーズ

結成30年の記念日に初の武道館ライブがあるから、とかではくて、心が弱っているからピーズの歌を聴いている。 ボーカルのハルくんはべつに、元気出せよ、とは歌わない。むしろ突き放してくるような感じなんだけど、説教くさかったり、癒そうとしてこないとこ…

ラブコメ漫画好きに読んで欲しい『春と盆暗』

ブログをはじめる。 ラブコメからはじめたいと思う。 『春と盆暗』が面白い。今年の9月(2016年11月号)から『アフタヌーン』で始まった、熊倉献という漫画家の、はじめての連載作品である。 一話読み切りのオムニバス形式で、男女の出会いが描かれる。初回…